モーニング娘。6期メンバー亀井絵里さんを中心にハロプロを応援するブログです。ネタがない時は管理人の日記になってしまう可能性もありますが、マイペースに、かつ真剣に、亀の歩みのごとく更新して参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れいなが思っていたことは、卒業も加入もあるモーニング娘。やけど、
6期はいつまでも誰も卒業せんと思っとったけん。
だから、いつか6期3人がモーニング娘。を引っ張っていくっていう時代が来ると、ずっと思ってて。
ずーっとずーっと思って生き続けてきたけん、ずーっと。
いつか最強の6期が引っ張って、モーニング娘。を最強にするぞって。
でも、その前に、絵里が卒業って言われて、れいなの夢がそこで破れちゃったけど。
―田中れいな ハロハロ!~Memories~より

101213

昼間は暖かかった水道橋も、陽が落ちるとさすがに冷え込みが厳しくなった。
寒さで凛とした空気に、クリスマスシーズンの煌びやかなイルミネーションがよく映える。

101213f

僕は午後6時20分、再びJCBホールの中へと入った。
装備はえりりんのバースデーTシャツ。
洗濯のことを考えれば、この1回しか着る機会はない。
賢い出費とは言えないが、そこを押して買うのがヲタの心意気というものだ。

101213c

夜の部の席は、第2バルコニーの最後列。
すぐ後ろは通路になっているのだが、そこには立ち見と思われる人々の姿があった。

「いや~、入れてラッキーでしたよ」
「自分もです。11年のヲタ人生が今日で終わっちゃうんで・・・」
「6期は全員推してるんで春コンも入ると思いますけど、正直テンションがた落ちです」

そんな会話が背中から聞こえてくる。
おそらく、当日券を確保できた人々なのだろう。
推しメンのホールでのラストコンサートを見届けるため、狭き門を潜ってきたのだ。
当券組にはなぜか孫悟空のコスプレをした男性がおり、ステージをじっと眺めている。
彼の面持ちは澄み通り、まるで何かを悟った高僧のようであった。

午後7時にコンサートがスタート。
僕の前で3連番していたえりりん推しの集団が、激しい気合い入れを始める。
こちらは1人だが、負けていられるものか!
そう思い、ウィアラではいつも通りにジャンプしたが、危うく天井に頭を打ちつけそうになった。
天井が思いのほか低い。残念ながら、首を縮めつつ跳ぶしかない。

回転ずしの後の卒業メンバーMCはえりりんだった。

从*・ 。.・) <絵里、どうですか?

ノノ*^ー^)<時間が目の前に迫ってきているので、欲張る自分になってるんですけど。でも、ファンのみんなが付いてきてくれるから、自分なりのパフォーマンスを精一杯お届けしたいです。今日という1日しかないライブ、私たちと一緒に盛り上げましょう!

川*’ー’)<モーニング娘。の歴史に残る、さいっっこうのコンサートにしたいと思います!

愛ちゃんが「最高」でためをつくりながら言う。
客席へのコール&レスポンスでは、ちびっこを見つけたえりりんが思わず興奮。

ノノ*^ー^)<おお~!ちびっこっっ!!

と声が上擦っていた。
メンバーもファンも、一様に熱を帯びている。
この公演も盛り上がること間違いなしだと確信した。

そして、6期のMCへ。
進行役はれいなである。

从 ´ ヮ`)<絵里との時間もあと3日になったので、これを機に絵里について全て語ろうと思います。最初に見た時は、東京の子は可愛いなと思った。話し方も本当に女の子みたいで、「あ・・・うん・・・」みたいな。ちょっと消極的で、れいなと正反対の子がおる!って思ったと。そんで合宿に行ったら、(さゆえりの)2人の写真ばっかり撮って。この2人は受かるだろうから、自慢しようって思ったと。でも、6期でいた時はしゃべったけど、本隊に入った後はあんまりしゃべらなくなって。2、3年くらい前からだよね、よく話しはじめたのは

(客席)<え~~~!?

ノノ*^ー^)<誤解しないで!仲が悪かったわけでもなく、でも良くもなく・・・

从 ´ ヮ`)<おはよう!おつかれ!の仲

从*・ 。.・) <それだけじゃないでしょ(笑)

从 ´ ヮ`)<ちょっと盛ってみた。でも、真面目な話をしてみると、いい子やん!って。それまではぶっちゃけ苦手で、シャットダウンしてた

ノノ*^ー^)<絵里もれいなは年下だと思ってたんだけど、おはよう!・・・ございまーす(小さい声で)みたいな

从 ´ ヮ`)<もうひとつ。収録で一緒だったときに、マネージャーさんがハンバーガーを買ってきて、食べられなかったやん。4分の1残したと。で、絵里が来て「てゆーか、ハンバーガー1つくらい食えよ!」って

从*・ 。.・) <それ絵里からメール来た

ノノ*^ー^)<だって、大丈夫かなって思うじゃない。ライブとかハードでしょ?サラダしか食べてないんだよ?ハンバーガーは完食するのが気持ちいいの。(客席に)分かるでしょ?男なら

(客席)<おおお~~~!!

ノノ*^ー^)<残すんならもらおうと思って

从 ´ ヮ`)<でも、鋭く言ってくれるのは嬉しかったと。メンバーで強く言ってくるのは絵里だけやけん

れいなはSりんに突っ込まれた味が忘れられない様子。

从 ´ ヮ`)<どーしよー?絵里が卒業したら誰がれいなに突っ込むと?

ノノ*^ー^)<ここにいるじゃん(さゆを指差して)

从*・ 。.・) <いやいやいや。どうしようね。娘。がれいな王国みたいになりそう。頼むから顔出してよ

ノノ*^ー^)<どうやって?ひょこって?

从*・ 。.・) <田中れいなー!!って

ノノ*^ー^)<じゃあ、食事のアドバイスをするのは絵里で

息の合ったMCの後はメドレー。
今回は恋INGが入ったバージョンだった。
他の色のサイリウムを掲げていた人々も、オレンジ色に持ち替える。
夕焼けに染まったようなホールに、こげ茶色のワンピースをまとったえりりんが姿を見せた。

客席に沁み入る切々としたハイトーンボイス。
えりりんは目にうっすらと涙を浮かべ、鼓動を刻むサイリウムの波を見渡した。
その顔はとても幸せそうな、穏やかな笑みをたたえている。
モニターに映る彼女は息を呑むほど美しい。
もっと近づけば、湖水に映る夕陽のように、瞳の中で揺らめくオレンジ色の光が見えたかもしれない。

1番が終わると、袖で待機していた7人が合流。
仲間たちの真ん中に立ったえりりんは、愛ちゃん、れいなと順番に顔を見合わせる。
ふわっと、花のような笑顔がこぼれた。
僕は無心にサイリウムを振りながら、その暖かい世界に身を委ねた。
ああ、どうか、この時間が一秒でも長く続きますようにと願いながら。

恋INGが終わると、元気ピカッ!ピカッ!へ。
弾けるような所作で手を振りながら、8人がステージを縦横に駆け抜ける。
しっとりとしたバラードも、元気な曲も、ともに娘。の持ち味だ。

バラードといえば、この4曲後に愛ちゃんが歌った「スッピンと涙」も圧巻だった。
大切な人との別れを歌ったこの曲は、本来は失恋の歌である。
ただ、聞いているうちに、卒業メンバーへの思いを歌っているようにも聞こえてきた。

愛ちゃんも、そうした感情を込めていたのかもしれない。
歌いながらどんどん感情がこもってきて、やがては目に涙が浮かび始めた。
客席も息をのみ、そんな愛ちゃんの姿を見詰める。
やはり、この子はとんでもない力量を秘めたシンガーである。
アイドルというよりも、シンガーであると強く感じた。

この後は、ガキさんと8期によるMC。

( ・e・)<ジュンジュンはやり残したことがあるんだって?

川´・_o・)<宝くじを買いたいです。「3億円♪」みたいなCMがあるじゃないですか。あれはジュンジュンに向かって歌ってるんだと思うんですよ。中国にも宝くじはあるけど、人口が多いから当たる確率が低いですよ。日本は人口が多くないから、当たりそう。家の近くにも小さい部屋、売ってるとこがあります。こないだ、それをじっと見てました。2人の外国人みたいな人がいて、こするやつ(スクラッチ)をしてました。数字が出てくるたびに、1人が「おー!」って言ってて・・・

嬉しそうに語るジュンジュン

( ・e・)<当てて何をしたいの?

川´・_o・)<これから卒業した後は、どうなるかはっきり分からないじゃないですか。現実の問題として、不安があって、現実の問題をクリアすれば安心します

川*^A^) <もう、すけべ!

川´・_o・)<でも、やり方が分からない

( ・e・)<光井と行けば?

川=´┴`)<え~、やらすんですか?

( ・e・)<でも、光井だめだ、未成年だから。やり方分かるの?

川=´┴`)<多分、大体は

( ・e・)<じゃあ、私がついてく。悔いが残るの嫌だもん

川=´┴`)<当たったら最高やな

川´・_o・)<3億円待ってて♪1日いくらかかるかな

川=´┴`)<毎日買うの?破産すんで

ハロモニ@のドッキリでは、がっつき度が低かったジュンジュンのはずなのに。

ライブは終盤へ。
ここでは鉄板の盛り上がり曲、グルグルJUMPが来た。
いつもは照れがある管理人も、今日は「モーニングサイコー」を含めてやり切る。

それにしても、多様な年齢の人々がグルグルと回る光景は壮観である。
終了と同時に宙を舞うタオル。
直後のMCでは、愛ちゃんがすっかり興奮した様子だった。

川*’ー’)<こうやって(タオルを)投げてる人もいて、なんかもう、ライブってかんじー↑!!

珍しくギャルっぽい言葉づかいの愛ちゃんであった。

こんなに楽しい8人でのライブもあとわずか。
アンコール後のMCでは、それぞれが今の思いを率直に語っていた。

( ・e・)<今日の会場は2階席も3階席もすごい一体感で、みんなが声を出してるときとか鳥肌が立つくらい!みんなからもパワーをもらったけど、私たちのパワーも届いたかなー?

从 ´ ヮ`)<今日は一回目から気合いが入って、大声を出しすぎて、ヤバイって思ってた。本番が来たら大丈夫っていう結果だったけど、今は全てを出し切った思いでいっぱい

川*^A^) <今日はモーニング娘。としてホールは最後になるのが、すごい、自分も分からない気持ちになってて。皆さんと過ごした4年間の愛を感じました。横浜アリーナも頑張るので、最後まで応援してください!

川´・_o・)<12月15日までは、明日、あさってしかなくて、ホールは最後。15日以降は娘。のステージに立てないのは想像もできないくらい寂しい。4年間、繰り返し考えてたんだけど、モーニング娘。は日本の美少女のグループで、そこにジュンジュンリンリンのわけ分かんない2人が入ってきたじゃない?でも、ファンの人はみんな優しくしてくれて。本当のモーニング娘。になれたと思ってる。娘。やみんなと別れるのは寂しいけど、離れても心はつながってると信じて、もっと頑張りたいです!

「本当のモーニング娘。になれた」というくだりで涙声になるジュンジュン
彼女の話し方は訥々としているだけに、胸に迫る。
会場からは、言葉が途切れるたびに「がんばれー!」の声が飛んだ。

ノノ*^ー^)<今日のコンサートも楽しかった!ありがと・・・

話しているうちに、涙声で言葉に詰まるえりりん。
声援を受けて持ち直す。

ノノ*^ー^)<大丈夫!モーニング娘。になって、ファンのみんなと出会えて、みんなが私を支えてくれたから、輝くことができたんだなって感じます。会えたのは、同じこの時代に生まれたからこそなんだなって思います。みんなと会えて嬉しい!残るのは横浜アリーナだけ。ファンの前で泣いてばかりいるけど、でも、私、今すごい幸せなんです。頑張るので、最後まで応援してください!

从*・ 。.・) <さっき6期のMCをしてた時に思い出したんだけど、さゆみたちは自覚症状がないのに問題児って言われていて。でも、アルバムで大きい瞳を歌えたときは嬉しくって・・・。本当に嬉しいんです。6期が少しずつ成長した、その過程を見守ってくれて・・・

親友の涙が琴線に触れたのか、自分も泣き声になるさゆ。

从*・ 。.・) <何だかさゆみも卒業するみたい(笑)さゆみはまだ居座りますけど。でも、大きい瞳を歌って、踊って、楽しい気持ちを分かち合えて良かった!

川*’ー’)<この8人は最高だと思う!誰一人欠けてもダメだし、過去最高だと思ってるし、(3人卒業で)悔しいこともあるけど・・・。いろんな人に支えられてここまで来たと思います。この8人を忘れないでください!

愛ちゃんが「過去最高」と断言した時には、会場から「おお~!」と声が上がる。
彼女の言葉の端々からは、これまでのMCでも現体制についての自負がにじんでいた。
ただ、ここまで明確に言い切ったのは、初めてかもしれない。

涙ッチが終り、メンバーたちがはけても、なかなか観客たちは帰ろうとしない。
繰り返し退出を促すアナウンスが流れるが、それを打ち消すように大きなアンコールが起こる。
運営側も、このままでは収拾がつかないと思ったのだろう。

上手側から、えりりん、ジュンジュン、リンリンが姿を見せる。
混乱が起きないようにするためか、みんなマイクを持っていなかった。
それでも、大きく手を振りながら、何度も「ありがとう」と言っているのが分かる。

横浜アリーナに来れない人々への配慮だったのかもしれない。
30秒ほどで再び上手に姿を消した3人に、会場からは大きな拍手が送られた。

期せずして巻き起こる娘。最高コール。
それは、えりりん最高、ジュンジュン最高、リンリン最高とつながっていった。
僕も2階席からコールに参加し、枯れかけた声を振り絞った。

101213d

ホールを出ようとすると、出口近くのポスターが目に入った。
いよいよ、管理人にとって最後の戦いが迫ろうとしている。

待ってろよ、横アリ!
絶対に仕事を定時前に終わらせてやる!!

僕は心の中でそう叫び、寒風が吹く夜の水道橋へとTシャツのままで歩きだした。
とにかく、体が無性に熱かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ulyssestropical.blog5.fc2.com/tb.php/825-9b17224e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。