FC2ブログ
モーニング娘。6期メンバー亀井絵里さんを中心にハロプロを応援するブログです。ネタがない時は管理人の日記になってしまう可能性もありますが、マイペースに、かつ真剣に、亀の歩みのごとく更新して参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業おめでとう。って、まだなんだけどね。
卒業の発表があってから今まで本当にあっという間で、時が経つのは早いなということを実感しています。
絵里は8年間という長い時間、一緒にやってきて、語り尽くせないくらいたくさん思い出があって。
あんまし2人で話したことはなかったけど、話した時は超語ったりとか。
なんか似てるなって思うところがたくさんあったり。
でも、お買い物はお互い控えなきゃね。絵里、ありがとう。
そして、ジュンジュンは、泣きながら怒ったことを今でも思い出します。よく聞いてくれたなあって。
メンバーのために涙を流している場面もよく見たり、お母さんみたいな存在でした。ありがとう。
リンリンとは、本当に趣味が一緒で、多分私に合わせてくれたところはたくさんあったと思うけど。
嫌な顔一つせずによく付き合ってくれました。ありがとう。
3人とも、大好きです。それは、モーニング娘。みんな、同じ気持ちです。
これからも、いろんな壁にぶつかることはあると思うけど、何かあったらいつでも力になるからね。
高橋愛 「ON8」12月9日放送分より

地下鉄水道橋駅の階段を上った僕は、地上の眩しさに思わず目を細めた。
高い空のところどころを綿のような雲がふわふわと流れている。
太陽がその後ろに隠れると、日差しを透過する雲がまるで飾りガラスのように美しい光芒を放った。

年の瀬が迫るこの季節にしては気温が高い。
まるで街全体が陽だまりの中を漂っているかのようだ。
これから会いに行く8人にぴったりの、穏やかで、暖かい日だった。

101212a

JCBホールの周辺には、既に多くのモーニング娘。ファンが集結していた。
グッズ列はかなりの長さになっており、僕は早々に並ぶのを断念。
入場列に並び、場内で欲しいものを購入することにした。

列に並んでいると、周囲の人の話し声が自然と耳に入ってくる。
その中に、英語やフランス語、中国語の会話が混ざっていることに気がついた。
声の主たちを見ると、一体どこで調達したのか、オレンジや青のTシャツを上着の下に着込んでいる。
そういえば、ガキカメのお便りでも、「コンサートで日本に行く」と宣言していたフランスのファンがいた。
中国語を話していたグループは、ジュンジュンリンリンの関係者かもしれない。
みなそれぞれの思いを抱え、このコンサートに立ち会うために海を渡ってきたのだ。

午後2時半。定刻通りに入り口が開き、次々と観客を飲み込んでいく。
会場内のグッズ売り場では、えりりんのフォトスタンドを買おうとしたが、残念ながら売り切れ。
代わりに日替わり写真とバースデーTシャツを購入した。

昼の部の席は第3バルコニーの中央付近だ。
ただでさえ高低差のある会場だが、3階に来るとステージをほぼ見下ろす形になる。
アリーナは狭く、折り重なったバルコニーがステージを包み込むように配置されているのが特徴。
コンサート中、ジュンジュンはこの構造を「みんなで私たちを挟んでるみたい」と表現していた。

自分の席に座り、徐々に埋まっていく会場をぼんやりと眺める。
Tシャツの分布を見ると、驚くほどオレンジが多かった。
日本中のえりりん推しが一堂に会しているのではないかと錯覚するほどだ。
無理もない。横アリがなければ、今日で彼女は卒業するはずだったのだから。

一体、今日はどんなコンサートになるのだろう。
早く始まってほしいような、もう少しこのままの状態を楽しんでいたいような、複雑な気分だ。
こんな心境になるのは初めてだった。
始まってしまえば、ツアーが最終盤に差し掛かった現実に嫌が応でも向き合わざるを得ない。
きっと、そのことが怖かったのだろう。

しかし、そんな一個人の感慨とは関係なく、午後3時半ちょうどにステージは始まった。
力強いドラムの響きに乗せたオープニングダンス。
華麗にバンダナを振り回すHand made city。
戦う女性の強さを余すところなく表現した、ミリタリーテイストのオープニングムービー。
いつも通りのセットリストが進んでいくが、会場の反応はとにかく熱い。
メンバーもファンの熱気に当てられたのだろうか。
「あっぱれ回転ずし!」後のMCでは、マイクを握る愛ちゃんの顔がいつにも増して紅潮していた。
グループの要であるリーダーが興奮している。
これでライブが盛り上がらないわけがなかった。

「泣き出すかもしれないよ」など3曲が終わると、6期のMCへ。
進行役はさゆだった。

从*・ 。.・) <2週間ぶりのコンサートだね。昨日、お兄ちゃんからみかんが届いて、家に大量にあるの。おすそわけしようと思って、メイクさんとかお世話になってる人に配ったのね。余ったからマネージャーさんにも

ノノ*^ー^)<余ったから?

从 ´ ヮ`)<なんか微妙

从*・ 。.・) <「ありがとう、おいしそう!」っていう会話の後、昨日は仕事帰りにメールが来たの。ジュンジュンから「みかんありがとう!」って。ありがとうって言われて悪い気はしなかったんだけど、何か複雑。マネージャーさんにあげたのに。ジュンジュンに聞いたら、会社にいた時マネージャーさんが来て「みかんいる人~?」って聞いてきたんだって。それで、ジュンジュンがいりますと。もうね、どこに何をぶつけたらいいのか

よほど話したいことがあるらしく、さゆの話はまだまだ続く。

从*・ 。.・) <もう一つあるの。最近お気に入りの曲があって、絵里にも聞かせようと思って持って行ったのね。ハロカバで絵里が歌ってる「笑顔に涙」なんだけど

从 ´ ヮ`)<笑顔に涙?

ノノ*^ー^)<松浦亜弥さんの

从*・ 。.・) <説明しよう!ハロカバでは、ハローのみんなが、歴代のハロプロの曲をカバーしてるの。着信(着うた)でフルで取れるのね。その第一弾が絵里で、次はれいな、愛ちゃん、ガキさんと続くんだよね。こうしてみると、歌がうまい人ばっかりなんだけど(笑)好評なら私もやるかもしれない

(客席)<おお~~~!

从*・ 。.・) <落ち着いて!まだそういう話は来てません(笑)それがお気に入りで、絵里に聞かせたら「取らないでよ~!」って

从 ´ ヮ`)<いいじゃん

ノノ*^ー^)<だって、みんな普通にメイクとかしてるのに、いきなり「また会えるから♪」とかって流れ出すんだよ?何だか恥ずかしいじゃない

从 ´ ヮ`)<でも取ってくれとるとよ

从*・ 。.・) <照れてるんだよね

ノノ*^ー^)<お金も取られるでしょ

从*・ 。.・) <一曲315円ね。2曲取った

从 ´ ヮ`)<れいなのは?もう1曲配信されてるらしいと

从*・ 。.・) まだ

从 ´ ヮ`)<ちょっと~!

从*・ 。.・) <だって、一気に落としたらお母さんもびっくりしちゃうでしょ。・・・まあ、でも、来月は愛ちゃん(のを落とそう)かなって思ってたけど

从 ´ ヮ`)<最悪~!

ノノ*^ー^)<さゆの携帯、ロックかかってるの。どこを押しても(曲が)止まらなくて

从*・ 。.・) <絵里、「どうやって止めるの!?どうやって止めるの!?」って言いながら踊ってたよね(笑)みなさんも、おすすめなんで、絵里のを取ってください。あとれいなも

从 ´ ヮ`)<ムカつく~!

从*・ 。.・) <いいじゃん、あなたいい声してるよ

さゆの上から目線のコメントで6期のMCは終了。
メドレーは大好きな「Take off is now!」が入るパターンだった。
えりりんソロの「晴れ 雨 のち スキ」では、会場がオレンジ一色に染まる。
感慨深そうに客席を見渡しながら、思いを込めてしっとりと歌い上げる姿が印象的だ。
えりりんの髪型は、デビュー間もない頃と同じ黒髪ロングに近づいていた。
しかし、顔立ちは随分と大人びて、思わず見とれるほどの美しさだ。

コンサートは続き、愛ちゃんと8期のMCへ。
直前にガキさんが歌っていた「夕焼け作戦会議」の手振りをやりだす愛ちゃん。
テンションが高い時に特有の行動だ。

川*’ー’)<ジュンジュンとリンリンは日本から中国に持って帰りたいものがあるとか

川*^A^) <スーパーで売ってるツナ缶です

川=´┴`)<前も言ってへんかった?

川*^A^) <前から聞いてみたかったんですけど、どういう食べ方がおいしいですか?

川*’ー’)<マヨネーズかなあ

川´・_o・)<開けてそのまま

川=´┴`)<ちゃんと油取らなあかんで

的確なアドバイスを送るみっつぃ。

川*’ー’)<愛佳は毎日料理してるんだよね

川*^A^) <どうするのがいいですか?

川=´┴`)<マヨネーズをかけたり、胡椒をかけたり、あとはマフィンに乗せてチーズをかけて焼いたり

川*’ー’)<言うこと(のレベル)が違うし(笑)

川*^A^) <(そんな食べ方があったなんて)ショックですよ。リンリンは、油を取って、そのままで食べます

川´・_o・)<皿が汚れないよね

川*^A^) <缶で食べるのがいいんです。ツナじゃなく、ツナ缶を食べてる感じがします

川*’ー’)<何で好きになったの?

川*^A^) <スーパーに行くと、いろいろな缶詰があるじゃないですか。コーンの缶とか、果物とか。中にシーチキンって書いているのがあって、日本語読めないから何だろうって。好奇心で買って食べたら、オーマイガッ!すごいおいしい。そこで出会いができたんです

川*’ー’)<オーマイガッ(笑)

川=´┴`)<中国では売ってへんの?

川*^A^) <売ってるけど、(表記が)日本語じゃないんです

川*’ー’)<じゃあ、送るよ

川*^A^) <その時は愛ちゃんも送ってください

川=´┴`)<こっちが困るわ!

みっつぃの歯切れのいい突っ込みとともにMCは終了。
ここからはいよいよコンサートも佳境だ。
青春コレクション、シャボン玉、アンビとアップテンポな曲が続く。

青春コレクションの間奏では、ステージ中央で寄り添う愛ちゃんとえりりん
愛ちゃんは思いっきりえりりんに甘えにいくが、えりりんは意地悪な笑顔で突き放す。
袖にされた愛ちゃんは、カメラに向かってお手本のようなふくれっ面を見せた。
あまりに微笑ましいシーンなので、会場からは大きな笑いが起きる。

とどめはビビっちゃとラブピのコンボ。
数あるアルバム曲の中でも、甲乙つけがたいほど好きなナンバーだ。
ラブピでは、途中でメンバーたちがロマンスをかますシーンがある。
彼女らがやると、典型的なヲタ芸でも可愛らしく見えるのが不思議である。

「友」で締めた後は、間髪入れずにアンコール。
僕も精一杯の声を振り絞った。
それが、彼女らの全力のパフォーマンスに対する返礼でもある。

アンコールに応えて再び姿を見せた8人。
「女と男のララバイゲーム」は、久し振りに振り付けを完全にマスターしようと練習してきた曲だ。
気持ちよく、バシっと決めることができた。

いい汗をかいたところで最後のMCへ。
メンバーたちがそれぞれ、今次ツアーのラストを控えた心境を語っていく。

( ・e・)<本当にファイナルが近づいてるんですけども、毎回8人でライブをするたびに、ライブって本当にいいなって思います。私たちが投げかけると、みんなが思った以上の力で返してくれて。最後まで1人も欠けることなく、横浜アリーナも絶対に成功させたいと思います!

从 ´ ヮ`)<さっき、ゴキブリ!と驚いたやろ。(注・MCで、床に落ちていた黒い羽をれいながゴキブリと間違えるシーンがあった)ハプニングがあるのがライブで、そういうのは二度とないなって考えたと

話がまとまらなくなったれいな。最後は「今日はこんな感じでーす」とまとめていた。

川*^A^) <残った回数、3本の指で数えきれるようになって、これが終わったら2本。本当に切なくて、みなさんとの思い出を心に刻みたいです!

川´・_o・)<12月15日が近づいて、(卒業する)この3人でみなさんと会う時間が増えてます。イベントとか、バスツアーとか、ラジオとか。みんな、仕事をサボってまで・・・

川*’ー’)<サボってないよ、休みを取ってるの!

川´・_o・)<休みを取ってまで来てくれて、感動してます

天然ボケを挟みながらも、ジュンジュンの声は切々としている。
会場は彼女の声を聞き逃すまいと、水を打ったような静けさになった。

川´・_o・)<みなさんがいたから、3年半、ここまで来れたんだって思います

そして、えりりん。

ノノ*^ー^)<このコンサートでは、晴れ雨のちスキをソロで歌ってます。さくら組に入った頃は、6期が私一人だけで、他の2人はおとめ組で・・・あ、藤本さんもいたけど、藤本さんは1人でもやってたんで(笑)いつも心細くて、緊張してました。今日もその気持ちを思い出しました。当時はスキって3回繰り返すパートの最後を唄ってたんです。前はそこを緊張してたんですけど、今日はやりきった感があって。ファンの皆さんが応援してくれたおかげでここまで来れたんだなって思います。皆さんは、心強いです!ありがとうございます

そう言ってくれるからこそ、とことん付いていきたいと思うことができる。

从*・ 。.・) <8人でやれたのは良かったし、みんながいてくれるのが嬉しい。この時間を共有できて、仲間がいるのは素敵だなって思います。今日来れなかった人が哀れになるくらい(客席はおいおいという笑い)、娘。のライブって楽しいんだと、その哀れな人たちに伝えてください

川*’ー’)<アットホームなモーニング娘。になるようにと思ってやってきました。応援してくれる人がいるから、みんなでつくった娘。なんだと思います。みんながいてくれたから、こんなアットホームな娘。ができたんだと思います。この8人を見るのは最後という人もいると思います。この8人を一生忘れないで下さい!

コンサートの最後は涙ッチ。
思いっきり弾けることができた。

ただ、最後の合唱の部分では、うまく声を出すことができなかった。
歌いながら、そして話しながら感極まっているメンバーたちと同様、僕もまた心が震えていた。

コンサートが終わった。
僕はTシャツ姿のまま、人波に押し出されるようにして会場の外に出る。

「終わっちゃったね」
「亀井ちゃんのソロ、良かったな~」

ライトファンらしい親子連れが、そんなことを話しているのが聞こえた。
彼女の歌は、届くべき人のところへ確実に届いている。
僕もあと2公演、全力で歌を紡ぎ続ける彼女の姿を見届けることにしよう。(続く)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ulyssestropical.blog5.fc2.com/tb.php/819-a4f2a43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。