FC2ブログ
モーニング娘。6期メンバー亀井絵里さんを中心にハロプロを応援するブログです。ネタがない時は管理人の日記になってしまう可能性もありますが、マイペースに、かつ真剣に、亀の歩みのごとく更新して参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都営大江戸線の代々木駅から地上に出ると、目が覚めるような青空が広がっていた。
冷たく透き通る初冬の日差しが降り注ぎ、ビル街が金属色の輝きを放っている。
逆光がひどく眩しい線路沿いの道をしばらく歩くと、目の前に場違いなほど高い建物が現れた。
ここが本日の現場、山野ホールがあるMYタワーだ。

101204a
101204b

入り口の方に向かうと、既に色とりどりのヲタTを着た人々が集結していた。
ざっと見たところ、やはりえりりん推しと思われる人の数が多い。
中には新曲のコスプレをした女の子もいて、みんな相当の気合いの入りようだ。

握手で直接メンバーと触れ合う機会があるイベントには、コンサートとはまた違った雰囲気が漂う。
卒業を控えたメンバーのファンにとっては、自分の気持ちに区切りをつける大事な儀式でもあるのかもしれない。
もちろん、僕にとってもそうだ。

午後3時45分の開場とともに、長い階段を降りて地下の大ホールへ。
当選メールのチェックを終え、渡されたチケットに記載された番号は一桁列の中央近く。
思いもよらぬ良席で、思わずガッツポーズをしたくなった。

JCBホールや横浜アリーナでは、あまりいい席に恵まれなかった。
これほど間近で娘。のライブを見ることができる機会は、もう最後だろう。
幸運な巡り合わせには感謝するしかない。

自分の席につき、しばし開演を待つ。
開演前の注意事項のアナウンスは、ジュンジュンリンリンが担当。
途中でつっかえたり、「演出上」を「えんしゅつうえ」と読んでみたり、はらはらさせられるアナウンスだった。
無事に読み上げが終わると、会場からは拍手が起こる。
開演前から出演者と一体化しているかのようなオーディエンスの暖かさは、娘。の現場ならではだ。

定刻通り、午後4半にイベントが開始。
藍色に沈む照明の中、下手から原色の衣装に身を包んだ8人が登場する。

一曲目はもちろん、新曲「女と男のララバイゲーム」だ。
ハデハデのイントロに、昭和歌謡のテイストがふんだんに盛り込まれたメロディ。
この曲は、懐かしいシャ乱Qサウンドの血統を引いていると思う。
愛ちゃんとれいなを軸に据えた構成ながら、えりりんも重みのあるパートを担当。
大サビのソロを情感たっぷりに歌い上げる様を見ると、8年間の成長の軌跡が浮かび上がる。

この曲はダンスも気に入っている。
特に印象深いのは、間奏のリズムに合わせて大きく体を震わせる振り付けだ。
運命に翻弄されながらも、力強く歩んでいく女性―。
どことなく、そういうストーリー性を感じさせる。

MCの司会役はガキさんだった。

( ・e・)<この曲はおとな~な感じで、大胆な歌詞が入ってたりするんだけど、初めて聞いた時の感想は?

川=´┴`)<(途中で)フリーズするじゃないですか。最初に聴いた時は「これは音源つぶれてる!」と思って、マネージャーさんに聞いたらこういう曲なんやと。Aダッシュ(Aメロの繰り返し)のところで止まるのが特徴ですよね

( ・e・)<じゃあ愛ちゃん、振り付けのポイントは?

川*’ー’)<これ!

そう言って愛ちゃんが繰り出したのは、グルグルと手を回す振り付け。
観客も一斉に真似をし、弧を描く無数のサイリウムが壁面のガラスに万華鏡のような模様を映す。

ノノ*^ー^)<すごーい!

目をキラキラさせながら、客席の様子を見るえりりん

( ・e・)<何回も出てくるから、みんな一緒にやってねー!

次は卒業メンバーのトークへ。

川*^A^) <この曲を聴くと、日本に来た時のことを思い出しますよ。(デビュー曲の)「女に幸あれ」を一生懸命やってました。それで、面白い発見をしましたよ!2つの曲のソロの歌詞が一つにつながるんです。「素敵なのを」と「朝日よ昇れ」なんですけど

会場は思わず「?」。

从*・ 。.・) <つながってないよね。無理やりだよね

川*^A^) <「素敵な朝日よ昇れ」で希望があるじゃないですか。みんな、こういう人生を送ってください!

川´・_o・)<ため息・・・じゃなくてためのところの、会場の一体感が好きですね

ノノ*^ー^)<最近は、CDを出せることってこんなに嬉しいことなんだなって思い知りました。店頭に行って、(売り場を)サラっと見て、その後でリターンしたりするんですけど。モーニング娘。のコーナーをつくってくれたり、おすすめだよ!ってオリジナルで(POPを)つくってくれたりしてるの。気持ちを感じるし、すごく嬉しいなって思います

えりりんが出没しているのは、お手製のPOPで有名なタワレコなのだろうか。

ノノ*^ー^)<曲の歌詞で「損得なんかはどうでもいいのが」っていうのがあるじゃない。こういう風に生きられたら、いい人生だなって思う。苦労するだろうけどね

哲学的なことを語りだすえりりん
しかし、話しているうちに、だんだん迷子になってしまったらしく・・・。

ノノ*^ー^)<うーん・・・何だすかなあ

いきなり訛りだしたので、思わずズッコケそうになってしまった。

从*・ 。.・) <せっかくいいこと言ってたのに

ノノ*^ー^)<歌っていて感じるのは、こう生きたいっていうこと。気持ちを込めて、最後の一行を歌ってます!

MCが終わると、再び歌のコーナーへ。

( ・e・)<この曲は、このアイテムがないとダメなんで、取りにいくね!

そう言って下手にダッシュする8人。
戻ってきた時に手にしていたのは、魔法少女が持っているような、リボンのついたステッキだった。
これを使う曲といえば、「Moonlight night~月夜の晩だよ~」しかない。

イントロに合わせ、体を大きく弾ませるメンバーたち。
隣同士のえりりんジュンジュンが楽しそうに顔を見合わせる。

春コンのオープニングを飾ったこの曲は、大胆に足を開くダンスが特徴。
とはいっても、別にいやらしいわけではなく、コミカルさを押し出した振り付けである。
二番にはえりりんの長めのソロがある。
「鎧を外し鋭く舞う」というフレーズは、ママりんもお気に入りだと以前ラジオで話していた。
もう聴くことはできないと思っていたので、ここでやってくれたのは嬉しい。

次は新曲のカップリング「愛され過ぎることはないのよ」。
今次ツアーにも初期から組み込まれているので、イントロと同時に体が自然に動き出した。
明滅する赤いライトの下で情熱的な踊りを見せ付ける8人。
アップテンポなメロディはいかにもダンサブル。
個人的にはA面よりもこちらの方が好みだ。

ダンスの途中、客席を見るえりりんの顔がふっとほころんだ。
何かと思って視線を追うと、1列目にいる小さな女の子が一生懸命にサイリウムを振っている。
子どもが応援してくれているのは、本人たちにとっても励みになるに違いない。

2曲が終わると、再びMCへ。
話題は新アルバムへと切り替わる。

( ・e・)<11枚目のアルバムなんだけど、この8人ではラストです

川*^A^) <今回のアルバムは、いろんなジャンルの曲が入ってますね。老若男女が楽しめると思います

難しい四文字熟語をちゃんと言い切ったリンリンに、会場からは感心する声が。

川*^A^) <タイトルはFantasy!拾壱で、11曲入ってます。そして来年は2011年じゃないですか。このアルバムを聴いて、素敵な2011年を過ごしてください!

川´・_o・)<いろんなジャンルがあって、カッコよかったり、可愛かったり、寂しさとか切なさとか。この8人、3年半で成長したモーニング娘。にしかできないアルバムです。CDとかDVDが出ると、いつもはママに送ってるんだけど、これは自分の宝物。誰にもあげない。自分で買って、って感じです

ノノ*^ー^)<うちの家族も大好きで、いつも(家に)流れてるんです。仕事から帰ってくると流れてて、暖かい気持ちになるの。うちの妹も歌ってくれて、「これ絵里のパートだよね?」って。まあ、ちょっと違うんですけどね(笑)でも、こうやって(曲が)世に広まっていくんだなあと実感できます

ノノ*^ー^)<聴いてくれる人にとっては、すごく元気が出るアルバムなんだけど、これからは絵里にとってもそういうアルバムになると思うの。卒業して、娘。のことを考えた時に聴けば、「ここにいたんだ」っていう証になると思う。そんなアルバムができて、本当に幸せです。よろしく!

えりりんはそう言うと、深々とお辞儀をした。

( ・e・)<おすすめの曲は?

从 ´ ヮ`)<「I'm lucky girl」。仮歌を聴いたときから、これ好き!ってなったと。イントロのところ、音楽しか聞こえないかもしれんけど、れいなたちが歌ってるの入ってる?「wow wow」って

川=´┴`)<加工されて

从 ´ ヮ`)<入ってるんだけど、そこが好き。ディレクターさんにうまいって言われて、「wow wow」に命を懸けるとるけんね。サビは走りながら聴きたい。元気が出る感じ

从*・ 。.・) <さゆみは「愛しく苦しいこの夜に」。アルバムだからバラードっぽい曲が入ってて、この曲もその部類なんです。ソロの曲があるメンバーもいるし、ソロがなくとも曲ごとにフィーチャーされてるメンバーがいるんですけど、この曲は絵里がフィーチャーされてるの。絵里と誰か、2人で歌ってるところがあって・・・

ノノ*^ー^)<ユニゾン?

从*・ 。.・) <そう。2ユニゾンで・・・この言い方はおかしいかもしれないけど。それでサビを歌うの。歌割を見たら、絵里とガキさん、絵里と愛ちゃんとかが多いんだけど、最後に絵里とさゆみがあるの。絵里と歌で組むのって少ないから、最後にどーんとさゆえりを見せれて良かった!

「さゆえり」という単語がサラっと出てくるあたり、さゆは相当、娘。のネット界隈のことを探っているようである。

从*・ 。.・) <その後で絵里が1人で歌うんだけど、さゆみがいなくなると絵里がうまく聞こえるの(笑)絵里をキラキラとさせる、いい仕事をしたなって思って

( ・e・)<じゃあ、このアルバムを一言で。愛ちゃん!

川*’ー’)<ビタミンC。不足したら聴いてって思う

この後は、ガキさんが今後の娘。関連の予定を告知。

( ・e・)<徐々にその日に近づいてます

15日の横浜アリーナの紹介で、ガキさんが感傷的な言い回しを使った。
カウントダウンが進んでいる。
来るべき日に向け、ファンと同様、メンバーたちも心の準備をしている最中のようだ。

さて、早いものでイベントも終りだ。
最後にもう一度ララバイゲームを歌った後、メンバーたちは下手に消える。
本編の時間は30分強といったところか。

この後は、いよいよ握手会だ。
前列の方からロビーに案内される。
パーティションの向こうに、8人が並んでいるのが見えた。

最初はみっつい、最後はさゆ。そしてえりりんはちょうど真ん中当たりのようだ。
一人一人の手を握り、「頑張ってください」と声をかける。

そして、えりりん。
彼女には、どうしても伝えたい言葉があった。

「ずっと忘れないからね!」

ヲタTを着ていなかったので、ぱっと見では自分のファンだとは分からなかったかもしれない。
それでも、僕の精一杯の言葉が届いたのだろうか。
彼女は少し潤んだ目で僕の目を見据え、しっかりと手を握り返してくれた。

僕の動きに合わせ、進行方向に顔を巡らすえりりん。
係員の手が肩に触れたので、粘らずに手を離すことにした。
後にはあえかな手の感触だけが残った。

こうして、僕にとって最後となる、新曲発売イベントは終わった。

長い階段を上がって地上に出ると、既に夕闇が迫っていた。
すぐに帰る気分にはならなかったので、ぶらぶらと新宿の方向まで歩きだす。
その間、僕はえりりんの言葉を反芻していた。

「ここにいたんだ」っていう証になると思う―。

えりりんたちが抜けた後も、娘。は新メンバーを加えて活動を続ける。
以前、彼女自身もインタビューで語っていたように、自分のパートも誰かに受け継がれることだろう。
残酷なようだが、娘。の歴史はその繰り返しで成り立ってきたのだ。

でも、えりりんは確かに娘。の中に存在していた。
ユニークな個性と、柔和な笑顔と、ダイナミックなダンスで多くの人々を魅了してきた。
その記憶は、歳月が降り積もって薄れることこそあれ、消えることはない。

街角やテレビで娘。の曲が耳に入るたび、僕はこれからも彼女のことを思い出すだろう。
ふにゃっとした表情や、たまに見せる凛々しい横顔や、歌の途中で流した涙のことを思い出すだろう。
そして、彼女を追いかけて数々のホールを巡り歩いた日々のことを、懐かしく思い出すだろう。

そういう人間が存在することもまた、彼女が娘。にいたことの証になるはず。
僕はそのことを伝えたくて、握手の時にあの言葉を口にしたのだった。
うまく伝わったのかどうかは、よく分からないが。

101204c

新宿駅のサザンテラスは、星を敷き詰めたようなイルミネーションで彩られていた。
近くでゴスペルのミニコンサートをしているらしく、アレンジされた「Imagine」が流れてくる。
透明な粒子がふわふわと漂う道を幸せそうな顔の人々が埋めている。

綺麗な季節になった。
こんな綺麗な季節に、彼女は新たな道に踏み出すのだなと思い、なぜか胸が熱くなった。

101204d
コメント
この記事へのコメント
私も管理人さんと同じ回に1回だけ参加しました。
アルバムはほとんどの曲でコーラスを担当し、会心の出来になったんだなぁとえりりんの話を聴いて感じました。
このアルバムを引っさげての8人のツアーを見てみたかったです…
2010/12/05(日) 21:00 | URL | まーねぇ #NTJkZkUA[ 編集]
Re: タイトルなし
まーねぇ様

コメントありがとうございます!

>アルバムはほとんどの曲でコーラスを担当し、会心の出来になったんだなぁとえりりんの話を聴いて感じました。
> このアルバムを引っさげての8人のツアーを見てみたかったです…

同感です。
いい曲が多いだけに、ツアーでじっくりと聴いてみたかったですね。
横浜アリーナのセットリストには、おそらくアルバムの曲も入っているのでしょうが・・・。

えりりんのコーラスでの活躍ぶりは本当にすごいですね。
8年間の活動を通じた彼女のシンガーとしての成長を感じました。
2010/12/06(月) 01:04 | URL | ゴイサギ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ulyssestropical.blog5.fc2.com/tb.php/807-67728ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。