FC2ブログ
モーニング娘。6期メンバー亀井絵里さんを中心にハロプロを応援するブログです。ネタがない時は管理人の日記になってしまう可能性もありますが、マイペースに、かつ真剣に、亀の歩みのごとく更新して参ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27日は大阪のシアターBRAVAにて「ファッショナブル」が千秋楽を迎えました。
出演者の皆さん、東京と大阪を股にかけての全21公演、お疲れさまでした。

今回の舞台は、おじぎシリーズとはまたひと味違った魅力があったと思います。
おじぎシリーズは、モーニング娘。を含む大勢の俳優さんが入り乱れて繰り広げるドタバタ喜劇といった趣がありました。

一方のファッショナブルは、よりテーマ性に重点を置いた舞台でした。
「青春」「ファッション」「親子の絆」という3つの基本的なテーマが絡まりあい、後の世代に大事な精神(宝物)が引き継がれていくという重厚なストーリーを織りなしていきます。

改めて公演パンフを読んでいたら、愛ちゃんとの巻末対談で、演出の吉田健さんがなるほどということを言っていました。

「お芝居の中では父から娘へ受け継がれて行くという話をやりますけど、それほど大げさなことでなく、普段のモーニング娘。として、引き継いでいる精神みたいな物がこの舞台で表現できれば、と思っているんです。世代から世代へ、いろんなものが受け継がれて、否定されたり、反発したりしながらも成長して行く。そして、いつか『ああ、あの人が言っていたのはこういうことだったのか』とか、その上で『私は、こうチャレンジして行きたい』というようになって行けば良いと思うんです」

長い歴史を持つモーニング娘。ならではのテーマではないでしょうか。
そういえば、20日に観劇した中澤裕子姐さんが、23日付のブログでこんなことを書いていました。

「それでは娘。たちよ大阪公演もめいいっぱい全力で楽しんでね
お客様に愛と夢と希望を
これはモーニング娘。の永遠のテーマだと思います」

お客様に愛と夢と希望を。
宝塚の「清く正しく美しく」ばりに壮厳で、ともすれば歯が浮いてしまうような言葉です。
娘。をゼロから立ち上げた裕ちゃんしか言えないことだなと思いました。

裕ちゃんたちから引き継いだトレゾアを内に秘め、娘。たちにはこれからも頑張ってほしいです。
次にみんなに会えるのは夏ハロ。
それまでは、管理人もしっかり充電しておきたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ulyssestropical.blog5.fc2.com/tb.php/714-7be62e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。